一般社団法人 相馬郡医師会 公式サイト

感染症対策

ホーム > 会員ページ > お知らせ > 感染症対策 > 第1回感染症対策委員会

第1回感染症対策委員会

公立相馬病院の伊藤です。
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨日(1/9)福島市で県医師会の感染症対策委員会が開かれ、出席してきました。
要点のみご報告いたします。

(1)   平成30年度感染症危機管理研修会の報告
平成30年12月9日(日)、福島グリーンパレスで開催され、122名の参加がありました。
演題は、
1)「医療・福祉施設におけるフットケアを行うための基礎知識」
佐田大学医学部形成外科 技術補佐員 石橋理津子様
2)「発展途上国から帰国した初音宇患者が受診した さあどうする?」
福島県立医科大学附属病院総合内科 教授 濱口杉大先生

(2)   平成30年度感染症危機管理研修会の企画
・テーマ(案)
1)インフルエンザに関して(新型インフルエンザへの対応、治療薬の副作用など)
2)麻疹、風疹、百日咳など成人も注意が必要な感染症に関して(予防、行政の取り組みなど)
3)結核、梅毒などの流行状況、患者発生時の対応など
・日時(案):平成31年7月7日(日)15:00〜17:15
・開催場所(案):ホテルハマツ(300席)、郡山ビューホテル(300席)など

(3)    鳥インフルエンザ発生時における医師の派遣に関する説明(福島県健康増進課より)
・高病原性鳥インフルエンザ発症時、防疫作業員(県の職員)に対して、以下の業務を担当する。
1)  集合センターにおける作業前、作業直後の健康調査時の診察
2)  作業中の健康管理
3)  抗インフルエンザ薬(タミフル等)の予防内服の指示
・基本的には各保健所の医師が対応するが、養鶏場規模が5万羽以上になった場合、その養鶏場がある地域の医師会に協力要請が入る。
・ここ数年は福島県内では鳥インフルエンザの発生はない。
・医師は集合センター(公民館、体育館など)のみで業務を行い、防疫現場へは入らない。
・相双地区にも養鶏場はあり、比較的大規模な施設もある。ただし、感染予防の観点で所在地は公表されていない(県は把握している)。
・勤務は8時間労働、24時間3交替制で、報奨金、交通費など支払われる。医院を休診した際の休業補償はない。県が保険に加入しており、当該医師が感染した場合の治療費、入院費、死亡保障金などは支払われる。
・他の医師会では既に発生時に備えて医師を数人登録しているとのこと。
・相馬郡医師会ではどのような対応を取るか検討が必要。
・急に派遣命令がきても、当日の外来診療予約をキャンセルすることは困難。診療時間外のみの応援ではだめなのか、などの意見が出ていました。
・数年前からこの事案に関しては、県より医師会へ協力要請がきており、何となく受ける形になっていたようですが、今回は応援体制の詳細に関して再度、県へ質問を提出したので、その回答待ちと言うことになります。ただし、いつ鳥インフルエンザが発生するかはわからないので、相馬郡医師会としても派遣要請が入った場合に、実際誰が診療応援に行くかを決めておいた方が良いと思われます。

以上です。
よろしくお願いいたします。

公立相馬総合病院小児科 伊藤正樹