一般社団法人 相馬郡医師会 公式サイト

お知らせ

ホーム > 会員ページ > お知らせ > 新年のご挨拶

新年のご挨拶

船橋です。

各会員の先生方、新年あけましておめでとうございます。

そして年末年始の当番に当たってしまった先生方、大変ご苦労様でした。

昨年は自然災害が多く発生した年でしたが、早速熊本に地震が発生してしまいました。今年も昨年同様多くの自然災害発生の予感がいたします。

さて、相馬郡医師会として今年も多くの問題を抱えております。その中でも特に急を要することは、在宅医療への対応です。
昨年福島県医師会主催で在宅医療に関する会議を行いました。多職種の県代表者や行政担当者が参加し、それぞれの立場からの在宅医療に関する問題点の提示や県内各医療圏での進捗状況の報告がありました。残念ながら当地域は遅れていると言わざるを得ません。

それにはいくつかの理由が考えられます。
まず当地域は郡のため4つの自治体から構成されていること、それぞれの医療資源に差があり郡内での進捗が異なること、自治体ごとに多職種の連携はある程度確立されてきてはいるものの、群全体としての顔の見える多職種連携が全くできていないこと、家庭内介護力にも大きな差があることなどが主な理由です。

今年は何とか相馬郡として多職種のお互い顔の見える関係が作れる機会を設けたいと思います。

また緊急時対応マニュアル作成も必要です。自治体ごとに対応マニュアルはすでに作成されており、有事の際には行政の対策委員会が速やかに立ち上がるでしょう。医師会として相馬支部、南相馬支部それぞれに緊急時対応マニュアルがありますが、相馬郡医師会としての緊急時対応マニュアルを作成する必要があります。東日本大震災において以前のマニュアルは残念ながら全く役に立ちませんでした。今回はその反省も含めより実践的なマニュアルを作成してまいります。

今年も忙しくなりそうですので、先生方の積極的なご協力をお願い致します。

相馬郡医師会長  船橋裕司