一般社団法人 相馬郡医師会 公式サイト

お知らせ

ホーム > 会員ページ > お知らせ

令和元年度 小児アレルギー講演会

毎年行っているアレルギー研修会を本年も下記の日程で行います。

本年4月小児の「アレルギー疾患保健指導の手引き」が厚労省より作製されました。
母子保健に携わる医療従事者が患児に適切にアレルギー指導を行うことが出来るよう、
発症予防、増悪の予防などQ&Aで書かれています。
診療の中で、親から質問されたりした場合、小児を診察しない先生方にも役立つと思います。
令和元年10月2日
場所 相馬市民会館 多目的ホール
時間 18時00分から 質疑応答を含め2時間
演題 「小児のアレルギー疾患保健指導の手引きを活用するために」
講師 古川 真弓先生
   (東京都立小児総合医療センターアレルギー科)
協力 NPO法人 アレルギーを考える母の会(代表 薗部まり子)
ここ30年くらい?でアレルギー診療はずいぶん変化しました。ものによっては180度転回しました。
食事アレルギーで何でも制限した時代、
米、小麦を禁止され、粟、稗を食べさせられている子がたくさんいました。
アトピーがあれば、すぐIgE検査して制限したこともあります。(深く反省)
すでに出来上がってしまい、今でも制限しなくてはいけない子どもはまだまだ多くおります。
この子達は、これからどう生活していったら良いのでしょうか?
これから産まれてくる子にアレルギーを作らないためには、我々はどうしたら良いのでしょうか?
アレルギー予防のため、離乳食はなるべく遅く?(卵は控える?)
アレルゲンはとにかく排除する?
制限されていたにも係わらず、そっと食べさせていた祖母や祖父がいた?(ホントにいけなかった?)
アレルギーは妊娠中、授乳中の母親の食事が原因?
これらは本当でしょうか??
2000年のアメリカ小児科学会の指針は
1.妊娠中、授乳中の母親はアレルギー食品は避けること
2.乳製品を与えるのは、1才以降、卵は2才、ナッツや魚は3才以降
になっていました。
2008年になると
妊娠中、授乳中、離乳食でアレルギー食品を避けても、アレルギー予防に効果があるという、科学的根拠はない
と回りくどい言い方になってきました。
では、現在の方針は?
アレルギーを完治させることはできるのでしょうか?
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
山口 英夫
福島県相馬市中村1-3-27
やまぐち小児科医院

令和元年度相馬郡医師会総会

令和元年7月6日、郡医師会総会が開催されました。

船橋会長が入院されてどうなることかと心配しましたが、小泉、米村両副会長のご尽力で予定通り総会を開催することができました。
小泉先生、米村先生、出席の先生方、理事の先生方、志賀さん、お疲れ様でした。
総会の写真を載せておきます。

発達支援勉強会

医師会山口です。

来週行われる発達支援勉強会のお知らせです。
今月は第2火曜日ではありませんのでご注意下さい。
日時 令和1年6月12日 18時30分から
場所 相馬市民会館 多目的ホール
前回でペアレントトレーニングが終了しました。
今回は、皆様の施設で困っている症例を具体的に検討していく予定です。
平成になってから、少年の悲惨な事件が多く見られます。
生まれ(発達障害など)、家庭環境(愛着障害や不適切な躾など)、友人関係などが複雑の絡み合って起きているんだと思います。
これは、今の日本の大人達が作ってしまったんだと思います。
以上、私見です。
親も子も困っています。
この様な不幸な連鎖を止めるためにも、困っている親子には、乳幼児期から途切れのない支援が必要です。
発達障害の正しい理解、療育方法を一緒に学んでいきましょう。

 

山口 英夫
福島県相馬市中村1-3-27
やまぐち小児科医院

ペアレントトレーニング最終回

医師会山口です。

5月のペアレントトレーニングのお知らせです。
以下の通り行います。
ふるってご参加くださいますようお願い致します。
日時 令和元年5月14日 18時30分から
場所 相馬市民会館、大ホールステージ
今回が一応最後の回になります。
今後の予定は決定ではありませんが、個々の症例(困った子ども)の検討会を予定しております。
今回の勉強会が終わった後に、時期を選んで行いたいと思っております。
具体的には、5/14当日お話する予定でいます。

第1回医療保険委員会 2019.4.17

医療保険委員の小泉です。

4月17日に第1回医療保険委員会に出席してきました。
矢吹孝志(会津若松)委員長のもとに開催されました。

今年度の医療保険委員会事業計画が案件でしたが、今年度は診療報酬改定もなく昨年と変更のないものになり、情報として有意義なものはありませんでした。

続いて福島県社会保険医療担当者指導関係打合せ会が行われました。
平成30年度の保健医療機関等の指導結果が説明されました。

この中で新規個別指導は20機関(開業医)で

概ね妥当       0
経過観察      19
再指導        1
要監査        0
中断         0

一件でも指導、返還事項があると経過観察になるとのことでした。

個別指導の立ち合いをこれまでしてきていますが、指導されるのは
病名の整理、各種指導算定の妥当性、指導事項の記載、検査結果の評価の記載等が多く、事務が機械的に算定していないかが問われることが多いようです。
いずれにせよカルテ記載は十分にが原則です。

レセプト病名はよく不適切と指導されています。傷病名で不十分と考えられる場合は摘要欄か別に症状詳記を作成し、診療報酬明細書に添付すようにいつも言われています。

また、電子カルテが多くなっていますが、個人情報保護の観点からその管理にも注意が払われています。

以上簡単ではありますが御報告させていただきました。

平成31年4月26日  小泉 祐功

相馬支部観桜会2019

相馬郡医師会相馬支部の2019年度春の総会&観桜会です。

皆様、お疲れ様でした。

 

主治医意見書説明会

2019年3月26日 南相馬市サンライフ南相馬において主治医意見書説明会が開催されました。

写真と配付資料を載せておきます。

 

特定疾患にかかる診断基準

主治医意見書記入の手引き

相馬市地域包括ケアシステムについて

相馬市・南相馬市の介護保険の現状

主治医意見書説明会 資料1

 

第3回ペアレントトレーニングのお知らせ

医師会山口です。

2月12日は、第3回ペアレントトレーニングです。
日時 平成31年2月12日 18時半から
場所 相馬市民会館多目的ホール
初めて出席される方も大歓迎です。
尚、第4回のペアレントトレーニングの日程、場所が変更になりました。
変更後
日時 平成31年3月11日 18時半〜
場所 「はまなす舘」 多目的ール
変更前
日時 平成31年3月12日
場所 相馬市民会館
山口 英夫

H30年度相双在宅医療アンケート結果

相双保健所によるアンケート

H30年度相双在宅医療アンケート結果

第1回感染症対策委員会

公立相馬病院の伊藤です。
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨日(1/9)福島市で県医師会の感染症対策委員会が開かれ、出席してきました。
要点のみご報告いたします。

(1)   平成30年度感染症危機管理研修会の報告
平成30年12月9日(日)、福島グリーンパレスで開催され、122名の参加がありました。
演題は、
1)「医療・福祉施設におけるフットケアを行うための基礎知識」
佐田大学医学部形成外科 技術補佐員 石橋理津子様
2)「発展途上国から帰国した初音宇患者が受診した さあどうする?」
福島県立医科大学附属病院総合内科 教授 濱口杉大先生

(2)   平成30年度感染症危機管理研修会の企画
・テーマ(案)
1)インフルエンザに関して(新型インフルエンザへの対応、治療薬の副作用など)
2)麻疹、風疹、百日咳など成人も注意が必要な感染症に関して(予防、行政の取り組みなど)
3)結核、梅毒などの流行状況、患者発生時の対応など
・日時(案):平成31年7月7日(日)15:00〜17:15
・開催場所(案):ホテルハマツ(300席)、郡山ビューホテル(300席)など

(3)    鳥インフルエンザ発生時における医師の派遣に関する説明(福島県健康増進課より)
・高病原性鳥インフルエンザ発症時、防疫作業員(県の職員)に対して、以下の業務を担当する。
1)  集合センターにおける作業前、作業直後の健康調査時の診察
2)  作業中の健康管理
3)  抗インフルエンザ薬(タミフル等)の予防内服の指示
・基本的には各保健所の医師が対応するが、養鶏場規模が5万羽以上になった場合、その養鶏場がある地域の医師会に協力要請が入る。
・ここ数年は福島県内では鳥インフルエンザの発生はない。
・医師は集合センター(公民館、体育館など)のみで業務を行い、防疫現場へは入らない。
・相双地区にも養鶏場はあり、比較的大規模な施設もある。ただし、感染予防の観点で所在地は公表されていない(県は把握している)。
・勤務は8時間労働、24時間3交替制で、報奨金、交通費など支払われる。医院を休診した際の休業補償はない。県が保険に加入しており、当該医師が感染した場合の治療費、入院費、死亡保障金などは支払われる。
・他の医師会では既に発生時に備えて医師を数人登録しているとのこと。
・相馬郡医師会ではどのような対応を取るか検討が必要。
・急に派遣命令がきても、当日の外来診療予約をキャンセルすることは困難。診療時間外のみの応援ではだめなのか、などの意見が出ていました。
・数年前からこの事案に関しては、県より医師会へ協力要請がきており、何となく受ける形になっていたようですが、今回は応援体制の詳細に関して再度、県へ質問を提出したので、その回答待ちと言うことになります。ただし、いつ鳥インフルエンザが発生するかはわからないので、相馬郡医師会としても派遣要請が入った場合に、実際誰が診療応援に行くかを決めておいた方が良いと思われます。

以上です。
よろしくお願いいたします。

公立相馬総合病院小児科 伊藤正樹