一般社団法人 相馬郡医師会 公式サイト

お知らせ

ホーム > 会員ページ > お知らせ > 学校保健 > 小児発達障害 中川先生講演会

小児発達障害 中川先生講演会

学校保健委員会 山口英夫
福島県立医大小児科の協力で立ち上がった相馬郡の発達支援の勉強会も3年目に入りました。
今回、新年1月8日に、横山浩之教授のお世話で、日本の超一級言語聴覚士の中川信子先生をお招きして、講演会が開かれました。
お話は、「周りのおとなにできる、こどもの心とことばの育ち」です。
中川先生が40年来係わってきた、子育ての集大成です。
当日は、予想をはるかに超える、300人以上の方に参加して頂きました。
講演の要旨です。
まずは、元気な体を作り上げる
規則正しい生活(早寝、早起き)、食生活に注意して(朝ご飯)、脳幹を鍛える。
体の発達に沿って、ころがったり、回ったり、立ったり、走ったりして十分な運動をさせる
これが子育ての第一段階で、生命の中枢部になります。
楽しい関係、安心感のある暮らしをしていく
次の段階として、親子が安心出来る環境を作り、笑う、遊ぶ、手を使う(スマホの操作など、誰でもできる動きは、手を使うとは言わない!)感覚や、共感関係を作っていく。
次にことばです。
ことばは、からだをしっかりさせ、こころが育ち、育っていく積木のようなものです。「ことばのビル
これができていないと、いくら言葉がけしても意味がありません。
という、すべての子育てにかかわる方々に向けた内容でした。
高校、大学ではもちろん習わないし、医学部でも教えません。
今、子育て中の保護者は、是非参考にして頂きたいと思います。
2月には第3回ペアレントトレーニングが有ります。
こちらは、子育ての実践編です。
興味のあるかたは是非ご参加ください。

中川信子先生講演資料